トップページ > ネットワークのオープン化が進めば、もっとクラウドも自由になる

好きな場所で好きなコンテンツ、アプリを楽しめるようにもなる!

実際、GSM方式が一般的な欧シム州では好きな携帯を買って、好きな電話会社のSIMと呼ばれる認識チップを差し込めば利用できるようになる。米国政府のねらう携帯ネットワークのオープン化とは、好きな端末を好きな電話会社で利用できるようにしようという政策だ。また、ネットワークのオープン化ではアプリケーションも自由にしようとしている。壁にある電話ジャックにコンピューターをつないでウェブ(データ通信)を楽しむように、携帯データ網でも自由に好きなコンテンツやアプリケーションを楽しめるようにする。

携帯電話会社はよく、「公式サイト」とか「勝手サイト」などとコンテンツを区別するが、サービスを使うユーザーにとっては関係ない話だ。アプリケーションのオープン化は、そうしたものを無くす動きでもある。FCCは、ユーザーの利便性向上と競争の拡大をねらって、ここ数年この政策を積極的に進めてきた。このオープン化政策に飛びついたのが、携帯電話業界大手のベライゾン・ワイヤレスだ。

同社は二〇〇七年一月二七日、二〇〇八年末までに携帯ネットワークをオープン化すると発表した。ベライゾン・ワイヤレス社、ネットワーク・オープン化の特徴①二〇〇八年末まで携帯端末、機器、アプリケーションのアクセス開放を行う。②端末やアプリケーション開発に必要な技術スタンダードを公開する。③二〇〇〇万ドルをかけて認証試験用のテストラボを建設する。④認証された端末は同社だけでなく、メーカーが直販できる。⑤ODlの設立実は、ネットワークのオープン化は携帯電話会社にはありがたい話だ。

会社で仕事をしていると、他部署の方とプロジェクトチームを組んで協業する時があります。そういう時に、情報の共有化が必要になってきます。ツールとしてグループウェアがあると便利です。
いままでの社内SNSでは、「ファイルのやりとり」という点で問題を抱え、失敗をすることがありましたが、今年の夏にファイル送受信・検索機能を備えた製品が発売されます。




マイクロソフトは、こうした携帯ビジネスを持たず、苦労してウィンドウズ・モバイルを営業してきた。(※4)ちなみに、第一章で説明したアナログテレビ跡地競売の事業免許交付では一部のライセンスにオープン化を義務づけている。ネットワークは二〇〇六年八月九日、サンノゼ市で開催された検索エンジン戦略会議(民間のセミナー)で、グーグルのエリック・シュミットCEOは「クラウドコンピューティング」について語った。

インターネットの百科事典、ウィキペディア(日本語版)はこう述べている。英語版には同じ記述がなく、これがクラウドコンピューティングの由来だったかどうかは定かではない。しかしグーグルが、その頃から本格的にクラウドに取り組んできたことは間違いない。

新着記事
2013/09/29 おすすめ記事を更新しました。
2013/09/25 新着記事を更新しました。
2013/09/24 クラウドビジネスを更新しました。
2013/09/21 ウェブサイトを公開を更新しました。
2013/09/19 オープン化を宣言を更新しました。
2013/09/17 セットアップや故障を更新しました。
2013/09/16 ネットワークのオープン化が進めば、もっとクラウドも自由になるを更新しました。
2013/09/13 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
グループウェア | J-MOTTO無料グループウェアGroupSessionクラウドグループウェア「アイポ」
J-MOTTOは、グループウェア『desknets』のASPサービスです。簡単に組織内の情報共有が出来ます。無料で充実した機能を持ったグループウェア「GroupSession4」等の特徴がわかりやすく説明されています。インストール不要で、インターネットがあればすぐに使えるグループウェアです。